訪問介護サービス
要支援・生活支援について

ミサキ介護 訪問介護サービス

訪問介護サービスとは

介護保険の居宅サービス(自宅で利用できるサービス)のひとつで、介護福祉士や、訪問介護員(ホームヘルパー)などが、 家庭を訪問して、入浴・排せつ・食事などの介護や、調理・洗濯・掃除などの家事、生活などに関する相談・助言などの必要な日常生活上の援助を行います。
介護予防訪問介護は生活機能を維持向上させる観点から、軽度者(要支援1、2)に適した内容、期間、方法でサービスが提供されます。

利用対象者

訪問介護の利用対象者は、要支援1~2、要介護1~5の人です。
要支援1~2の人については、「介護予防訪問介護」の対象となります。介護職員が被介護者の居宅を訪問し、 要介護対象者に対するのと同様、食事介助・掃除・洗濯・調理などのサービスを行いますが、 そもそもの目的が「要介護状態へと進行することを予防する、あるいは現在の状態が極力悪化しないようにする」ことであるため、 被介護者の状況に合わせて自立した生活を送れるように支援することに努めます。

サービス利用の流れ

ミサキ介護 訪問介護サービス

サービス内容

身体介助

身体介助は、介護職員が家庭を訪問して
被介護者の身体に直接触れながら行う介護サービスです。
具体的には、食事中の手伝いや見守りを行う「食事介助」、お風呂に入る際の手助けや洗髪、身体の清拭の世話をする「入浴介助」、 車椅子や車への乗り降りなどの手伝いを行う「移乗介助」、おむつ交換などの「排泄介助」、 床ずれ(褥瘡)予防や防止のために体位を変える「体位変換」などが挙げられます。その他にも、 「衣類着脱介助」「散歩補助」「口腔洗浄」など、被介護者の身体や精神状態に対応したケアを行います。

生活援助

生活援助とは、被介護者が一人暮らしであったり
家族や本人が何らかの理由で家事を行えなかったりする場合に、必要な身の回りの世話をしながら日常生活をサポートするサービスです。
具体的には、食事の準備(調理・配膳など)、掃除・洗濯・ゴミ出し、日用品などの買い物代行、服の補修、部屋の片づけ・整理整頓などが挙げられます。
しかし、訪問介護は家事代行ではないため、他の家族の部屋掃除やペットの散歩、来訪者への接客など、被介護者以外の人に向けての世話は対象に含まれません。

通院等乗降介助

「通院等乗降介助」のことであり、いわゆる「介護保険タクシー」と呼ばれています。
訪問介護事業者の介護職員資格を持つ運転手による送迎を受けられるサービスで、車への乗降介助や移動介助なども含まれます。
介護保険タクシーは要介護1以上の被介護者が対象で、介護保険が適用されます。
介護保険タクシーは、どこへ移動する際にも利用できるわけではなく、公的機関や金融機関での手続き、通院、日常生活に必要な買い物など、限られた用途のみに適用されます。

ミサキ介護 訪問介護サービス