訪問介護サービス
介護レベルについて

ミサキ介護 訪問介護サービス

訪問介護サービスとは

介護に携わっている方にとって、介護保険のサービス内容は気になるところです。
ご存知かも知れませんが要支援や要介護のレベルに応じて、サービス内容が異なってきます。

介護度別の目安

要支援1

要介護状態とは認められないものの、社会的支援を必要とするレベル

日常生活の基本的なことは、ほとんど自分で行うことができ、一部に介助が 必要とされる状態です。適切な介護サービスを受けることによって、要介護 状態になるのを予防できると考えられています。

要支援2

生活の一部で、何かしらの介護を必要とするレベル

要支援1よりも、立ち上がりや歩行などの運動機能に若干の低下が見られ、 介助が必要とされる状態です。要支援1と同じく適切な介護サービスを受け れば、要介護状態になるのを予防できると考えられています。

要介護1

生活の一部で、何かしらの介護を必要とするレベル

自分の身の回りのことはほとんどできるものの、要支援2よりも運動機能や認知機能、思考力や理解力が低下し、部分的に介護が必要とされる状態です。

要介護2

軽度の介護や補助が必要なレベル

要介護1よりも日常生活能力や理解力が低下し、食事や排せつなど身の回りのことについても介護が必要とされる状態です。

要介護3

要介護2に比べて、より多くの場面で介護が必要なレベル

食事や排せつなどが自分でできなくなり、ほぼ全面的に介護が必要な状態を指します。立ったり歩いたりできないことがあります。

要介護4

重度の介護や補助が必要なレベル

要介護3よりも動作能力が低下し、日常生活全般に介護が必要な状態です。

要介護5

意思の伝達ができず、最重度の介護を必要なレベル

要介護状態において、最も重度な状態です。一人で日常生活を送ることがほぼできず、食事や排せつのほか、 着替え、寝返りなど、あらゆる場面で介護が必要とされます。意思の疎通も困難な状態です。

介護保険について

介護をサポートするためのさまざまなサービスを、1割負担で利用することが可能です。

ミサキ介護 訪問介護サービス
ミサキ介護 訪問介護サービス お問い合わせ